• 全ての講座・イベント

    単発クラスのイメージ

    すべての講座はどなたでも受講いただけます。

    経堂教室はレッスン20分前からオープンします。セルフサービスのお水やお茶をご用意しますので、早めにお越しいただき、近況報告など、講師との雑談を楽しんでください。また、レッスン後には別途、質疑応答の時間を設けています。

    PREPA〜プレパコース / Gourmet lecture〜グルメ・レクチャー 

    グルメレクチャー
    「宮廷宴席の発祥の地、北方ルネサンス時の華麗なるブルゴーニュ公国」

    講師:大原千晴

    【定員:16名】 【定員:a.b 各6名】

    戦を重ねながら北へ北へと領土を広げ、15世紀初頭、現在のベネルクス3国フランドルを支配下に置くことで、ブルゴーニュ宮廷は黄金期を迎えます。フィリップ善良公が築き上げた公国では、金羊毛騎士団、北方ルネサンス絵画、彩色時祷書、タペストリーと言った発達した都市文化が誕生しました。その全てを総合する形で営まれた宮廷宴席。イタリア諸宮廷とは色彩を異にする独自のルネサンスの魅力についてお話致します。

    この講座は、2020年修学旅行「 ワインの名産地 ブルゴーニュの文化と味、そしてパリの革命記念日の花火を体験する旅」のプレパコースです。

    種別

    プレパ

    グルメ・レクチャー

     
    講座名 グルメレクチャー 「宮廷宴席の発祥の地、北方ルネサンス時の華麗なるブルゴーニュ公国」
    講師 大原千晴
    日時 7/18(土) ※2部制に時間変更しました
    a.11時〜12時 b.12時半〜13時半  
    会場 ザッカワークス3Fキッチン(神田・小川町)
    経堂教室教室アクセス ※会場変更しました
    受講料 4,649円

    大原千晴(おおはら ちはる)

    「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学オープンカレッジ講師。 早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/
    大原千晴
    PREPA〜プレパコース

    愛するパリ!四季の冒険旅行 水辺で過ごすBOBOなパリ

    講師:石澤季里

    【定員:16名】 【定員:a.b 各6名】

    セーヌ河やその支流のマルヌ川....、河岸をあるけば、水面にキラキラと日の光がきらめく初夏のパリほど素敵なものはありません。そんな初夏のパリを楽しむ最新のパリを、プティ・セナクルのスタッフが楽しみながら作った四季折々のパリをご紹介したガイドともにご紹介します。修学旅行のフリータイムだけでなく、コロナ騒ぎで遠くなってしまったこの夏のパリを、美しい写真とともにエアー散歩してみましょう。

    この講座は、2020年修学旅行「 ワインの名産地 ブルゴーニュの文化と味、そしてパリの革命記念日の花火を体験する旅」のプレパコースです。

    種別

    プレパ

     
    講座名 愛するパリ!四季の冒険旅行 水辺で過ごすBOBOなパリ
    講師 石澤季里
    日時 7/18(土) ※2部制に時間変更しました
    a.14時半〜15時半 b.16時〜17時
    会場 ザッカワークス3Fキッチン(神田・小川町)
    経堂教室教室アクセス ※会場変更しました
    受講料 4,649円(プティ・セナクル制作 パリガイド4冊付き)

    石澤季里(いしざわ きり)

    プティ・セナクル代表、ジャーナリスト 5年にわたるフランス生活でフレンチ・アンティークについて学び帰国。2000年からプティ・セナクル(旧アンティーク・エデュケーション)を開校。アンティークの鑑定および作られた時代背景を学び、優れた工芸品に触れる喜びと日常に取り入れる楽しさ、また、貴族やアッパークラスの生活を通してヨーロッパの生きた歴史文化に触れる場を提供している。著書に「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」(CCCメディアハウス)、『フランス手仕事、名品の物語〜マリー・アントワネットが愛した職人技』(大修館書店)ほか。
    石澤季里
    ACADEMY〜アカデミーコース

    【オンライン講座】小説家コレットの映画で読み解くベル・エポック時代のファッションとインテリア

    講師:石澤季里

    フランス人なら誰もが読んだことのある女流作家シドニー・ガブリエル・コレットの名作「シェリ」。ベル・エポック時代に伯爵夫人や鉄道王の奥方と肩を並べた高級娼婦の生き様を描いた小説です。女優ミッシェル・ファイファー主演の講師お気に入りの映画「シェリ 私の可愛い人」を見ながら、当時のファッションやインテリアについてお話しします。冷たいドリンク片手に、冷房の効いたご自宅のリビングで楽しいながら受講ください!

    種別

    アカデミー

     
    講座名 小説家コレットの映画で読み解くベル・エポック時代のファッションとインテリア
    講師 石澤季里
    日時 9/5(土) 11時〜13時
    会場 オンライン講座(zoom利用)
    受講料 5,000円

    石澤季里(いしざわ きり)

    プティ・セナクル代表、ジャーナリスト 5年にわたるフランス生活でフレンチ・アンティークについて学び帰国。2000年からプティ・セナクル(旧アンティーク・エデュケーション)を開校。アンティークの鑑定および作られた時代背景を学び、優れた工芸品に触れる喜びと日常に取り入れる楽しさ、また、貴族やアッパークラスの生活を通してヨーロッパの生きた歴史文化に触れる場を提供している。著書に「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」(CCCメディアハウス)、『フランス手仕事、名品の物語〜マリー・アントワネットが愛した職人技』(大修館書店)ほか。
    石澤季里
    PREPA〜プレパコース

    18世紀の上流階級の家 「箱物家具 キャビネットの歴史と変遷」

    講師:黒瀧道信

    英国で、最も優れた家具職人をキャビネットメーカーと呼ぶように、家具の中でも製作が最も難しいとされるのがこだわりのコレクションを陳列するための「キャビネット」です。珍品を飾るために誕生した部屋「キャビネット」が、貿易が一段と盛んになった18世紀のヨーロッパにおいて家具として姿を変えていく、そんな箱物家具の歴史と変遷、また逸品を見定める術を英国家具修復士国家資格を習得した講師が語ります。

    この講座は、2020年修学旅行「 ワインの名産地 ブルゴーニュの文化と味、そしてパリの革命記念日の花火を体験する旅」のプレパコースです。

    種別

    プレパ

     
    講座名 18世紀の上流階級の家 「箱物家具 キャビネットの歴史と変遷」
    講師 黒瀧道信
    日時 9/6(日) 13時〜15時
    会場 ジェオグラフィカ3F ライブラリー教室アクセス
    受講料 5,500円

    黒瀧道信(くろたき みちのぶ)

    英国アンティークディーラー協会認定家具修復士。ノッティンガム州ベース・フォード・カレッジを皮切りに、7年に及ぶ英国留学、修行中にアンティーク家具の修復と保存技術を学び、木彫刻による特注家具製作を修練する。帰国後、2000年より横浜市青葉区に工房を構え、家具の修復、製作を手がける一方木彫刻教室を主宰する。近年では東京都庭園美術館の所蔵品調査、修復、復元などを手掛ける。専門は18世紀のヨーロッパ家具。http://www.kurotakimichinobu.com/
    黒瀧道信
    ACADEMY〜アカデミーコース

    【オンライン講座】自由な発想でインテリアに活かしたい、 コレクションを美しく飾るアンティーク・キャビネット

    講師:福西弘美

    ”憧れのアンティーク・キャビネットを部屋の主役に一点だけ。” 日本の住まいにはそんな使い方が引き立つのかもしれません。 この講座では、お気に入りのアンティーク家具をモダンインテリアの中で上手に活かす方法を実例を挙げながらお話しします。 家具と装飾品の相性、素材と色のバランスを、定番の組み合わせから、個性溢れる定番破りの楽しいコーディネートまで、講師がフランスで見つけたインテリア上級者のコーディネートテクニックを丁寧にレクチャーします。

    種別

    アカデミー

     
    講座名 自由な発想でインテリアに活かしたい、 コレクションを美しく飾るアンティーク・キャビネット
    講師 福西弘美
    日時 9/12(土) 15時〜17時
    会場 オンライン講座(zoom利用)
    受講料 5,000円

    福西弘美(ふくにし ひろみ)

    米国駐在(LA)を経て、30代前半、NYの不動産管理会社に転職し、NYマンハッタンで自身のマンションを購入。それをきっかけに欧米スタイルのインテリアに強い関心を抱く。その後パリ留学、オークションハウス、クリスティーズでフランス美術史を学んだ後、東京目黒区碑文谷でアンティーク家具の輸入、インテリアサービス業を起業。一時期ベルギーに移住するなど長い海外生活を経て2012年に帰国。現在は大阪中之島にてライフスタイルショップ、「エルス」を運営する傍らインテリアデザインに従事。輸入ファブリックを用いたカーテンの製作、インテリアのオブジェ買付を通じて、法人・個人顧客に広くインテリアアドバイスを行う。http://www.eurolifestyle.net (オンラインショップ) http:// www. elsdesign.net (インテリアサービスサイト)
    福西弘美

     

    下記の講座は終了しました。

    PREPA〜プレパコース

    【キャンセル】
    ブルゴーニュワインの知られざる銘品

    講師:内池直人

    【定員:16名】

    生産量も少なく、市場に残っている年代物が極力少ないロマネコンティやシャンベルタンといった超高級ワインだけでなく、ブルゴーニュには知られざる美味しいワインのメッカです。修学旅行で訪れるリュリー周辺のコート・シャロネーズは、手頃でオススメのワイン生産者が集まる場所。そんな隠れた銘品ワインを、特にこの地方に詳しいエキスパートに伺います。

    この講座は、2020年修学旅行「 ワインの名産地 ブルゴーニュの文化と味、そしてパリの革命記念日の花火を体験する旅」のプレパコースです。

    種別

    プレパ

     
    講座名 ブルゴーニュワインの知られざる銘品
    講師 内池直人
    日時 7/18(土)14時半〜15時半  ※キャンセルになりました
    会場 ザッカワークス3Fキッチン(神田・小川町)
    http://www.zakkaworks.com/
    受講料 4,649円(ワインデギュステーション&スナック代)

    内池直人(うちいけ なおと)

    ブルゴーニュ委員会公認ブルゴーニュワイン・インストラクター、日本ソムリエ協会認定シニア・ワインアドバイザー、SOPEXA認定フランスワイン・コンセイエとして、国際ワインコンクールで審査員を務めている。家業を継ぐため修業後フランスにワイン留学。その後、 ファイン・ワイン&ワイングッズの専門店『プティット・メゾン』を経営オープン。極上のテロワールが育んだワインの普及に務めている。 http://www.cyber-wineshop.com/
    内池直人
    EVENT 〜 イベント

    【キャンセル】
    世界の発酵食品で作る 免疫力アップのピンチョスランチ

    講師:塩川恵

    【定員:16名(着席)】
    ※ビュッフェ形式から着席のランチに変更となりました。

    長年、アンティークのテーブルウエアを輸入販売しながら、イギリス、スペイン、日本を行き来して最新の料理に触れてきたラトリエ・ピアーズの塩川恵さんが、美味しく健康になれる麹にこだわったピンチョスの料理教室を始めました。パーティ映えするうえ片手で持って美味しくいただける、この日のために考案した最新ピンチョスを皆様のためにご披露します。

    種別

    イベント

     
    講座名 世界の発酵食品で作る 免疫力アップのピンチョスランチ
    講師 塩川恵
    日時 7/18(土)13時〜14時  ※キャンセルになりました
    会場 ザッカワークス3Fキッチン(神田・小川町)
    http://www.zakkaworks.com/
    参加料 4,649円(ピンチョス、ミニデザート&コーヒー、お土産つき)

    塩川恵(しおかわ めぐみ)

    ラトリエ・ピアーズ主宰、アンティークディーラー。英国、フランスなど年に数回ヨーロッパに渡り、アンティークの買い付けを行う。各種骨董市、百貨店に出店。自他共に認めるワイン通。ヨーロッパを訪れた際、地元のバルやパブでその国の料理を堪能。築30年のマンションをヨーロッパ風にフルリノベーションした自宅で不定期に開催される料理教室では、各国で味わった料理を塩川流にアレンジしてヴィンテージ食器にてテーブルセッティングと共に教えている。料理教室の他には,アンティーク食器で楽しむアフタヌーンティー会を開催。出張アフタヌーンティーやパーティーデリバリーフィンガーフードも承り中です。
    塩川恵
    ACADEMY〜アカデミーコース / PREPA〜プレパコース

    フランス文化の影の立役者 世紀の愛人たち

    講師:石澤季里

    【定員:10名】

    第21代大統領、フランソワ・ミッテランに愛人がいるということが明るみになった際、氏が記者の糾弾を意に介せず「エ・アロー(だからどうしたというんだ?)」と答えたのは有名な話。 フランス文化の一片とも言える自由恋愛という土壌で、歴代の王や大統領の地位と名誉を肥やしに自らのセンスと才能で大輪の花を咲かせた女性たち。 そんな世紀の愛人たちの人生と、彼女たちが世に送り出した時代のキーワードについてお話しします。

    【2】は、2020年修学旅行 7/9〜15「 ワインの名産地 ブルゴーニュの文化と味、そしてパリの革命記念日の花火を体験する旅」の説明会を兼ねた、プレパコースの講座です。
    旅行についてご興味ある方は、当日14時に会場へお越しください。【 2020.02.29更新 】 

    contents
    1. 「男は創造の肥」 20世紀初頭のファム・ファタル、シャネル
    2. 【修学旅行プレパコース】「王に代わって政界デヴュー」 フランス経済の活性化を狙った、マダム・ド・ポンパドゥールの手腕
    3. 「王冠を賭けた愛」 マダム・シンプソンの類稀なるファッションセンス
    4. 「太陽王を改心させた」 聖母マリアの化身マントノン夫人
    5. 「カトリーヌ・ド・メディシスの宿敵」 ルネサンスのマドンナ、デュアヌ・ド・ポアチエ
    種別

    アカデミー

    プレパ(2のみ)

     
    講座名 フランス文化の影の立役者 世紀の愛人たち
    講師 石澤季里
    日時 全5回 各回 14時〜16時
     

    @2/11 (火祝) 
    「男は創造の肥」20世紀初頭のファム・ファタル、シャネル

     

    A3/20 (金祝)→ 4/18(土) 15時〜17時 ※日程変更 
    【修学旅行プレパコース】
    「王に代わって政界デヴュー」 フランス経済の活性化を狙った、マダム・ド・ポンパドゥールの手腕 

     

    B4/25 (土)  
    「王冠を賭けた愛」マダム・シンプソンの類稀なるファッションセンス 

     

    C5/30 (土)  
    「太陽王を改心させた」 聖母マリアの化身マントノン夫人

     

    D6/27 (土)  
    「カトリーヌ・ド・メディシスの宿敵」 ルネサンスのマドンナ、デュアヌ・ド・ポアチエ

    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 各回 5,500円
    ※5回連続受講の場合 25,000円

    石澤季里(いしざわ きり)

    プティ・セナクル代表、ジャーナリスト 5年にわたるフランス生活でフレンチ・アンティークについて学び帰国。2000年からプティ・セナクル(旧アンティーク・エデュケーション)を開校。アンティークの鑑定および作られた時代背景を学び、優れた工芸品に触れる喜びと日常に取り入れる楽しさ、また、貴族やアッパークラスの生活を通してヨーロッパの生きた歴史文化に触れる場を提供している。著書に「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」(CCCメディアハウス)、『フランス手仕事、名品の物語〜マリー・アントワネットが愛した職人技』(大修館書店)ほか。
    石澤季里
    ACADEMY〜アカデミーコース

    「ヨーロッパ宮廷宴席の華、銀食器。その原点を探る」

    講師:大原千晴

    【定員:10名】

    欧州の宮廷宴席といえば、卓上にずらりと磁器の皿が並ぶ。そう思っていませんか。でも、それは、18世紀半ば以降に広まった「新しい世界」です。欧州の宮廷宴席において中世以来、長きに渡って食卓を飾ってきた中心は、シルバーウェア(銀器)とガラス器と木製の板皿です。そのような宮廷宴席を描いた絵画、まずは、14世紀の王様の食卓を手始めに読み解きます。そこには、後の時代の欧州宮廷宴席の主要な要素がすべて含まれています。磁器登場以前の欧州の宴席の魅力と面白さを、銀器を中心にお話します。

    種別

    アカデミー

     
    講座名 「ヨーロッパ宮廷宴席の華、銀食器。その原点を探る」
    講師 大原千晴
    日時 3/14 →5/9(土) 13時半〜15時半 ※日程変更しました
    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 5,500円

    大原千晴(おおはら ちはる)

    「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/
    大原千晴
    ACADEMY〜アカデミーコース

    フランス人芸術ヒストリアンが語る、知られざる画家の素顔
    ロココ時代のキャリアウーマン『ファム・ギャラント(ギャラントリーな女たち)』を美しく描いた画家フラゴナールの数奇な運命

    講師:カトリーヌ・ルメートル(ラトリエール)

    【定員:10名】

    1732年、フランスの香水のメッカ、グラースに生まれたジャン・オノレ・フラゴナールは、恋愛至上主義のロココから自然派志向のネオ・クラシシズム時代を謳歌し、革命を革命を経て1806年にパリで亡くなりました。 彼は、ポンパドゥール侯爵夫人のお抱え画家、フランソワ・ブーシェの弟子で、若かりし頃に輝かしい将来の成功を約束された、ロココ時代の最も自由で才能のある画家でした。 彼はアカデミーからの正式な依頼より、むしろ、プライベート・コレクショナーの依頼による、雅な風俗画を描くことに没頭しました。 なぜ?どのように?その素晴らしい絵画やデッサンが描かれたのでしょうか? ルイ15世のアール・ド・ヴィーヴルに彩られた宮廷文化の証人、画家フラゴナールの世界を皆さんで楽しみましょう。

    種別

    アカデミー

     
    講座名 フランス人芸術ヒストリアンが語る、知られざる画家の素顔 ロココ時代のキャリアウーマン『ファム・ギャラント(ギャラントリーな女たち)』を 美しく描いた画家フラゴナールの数奇な運命
    講師 カトリーヌ・ルメートル(ラトリエール)
    日時 3/3(火) 19時〜21時
    会場 茗荷谷 講師自宅
    受講料 5,500円

    カトリーヌ・ルメートル(ラトリエール)

    15世紀から19世紀を専門とする西洋芸術ヒストリアン、翻訳家。パリ、ソルボンヌ大学で西洋芸術史を学んだ後、来日。10年来、アンスティチュ・フランセ東京ほかで、絵画の見方やクリエーティブなフランス語を読み書きする手ほどきをしている。著書に『Ginza/銀座』(ラトリエール)ほか。
    カトリーヌ・ルメートル
    ACADEMY〜アカデミーコース  / Gourmet lecture〜グルメ・レクチャー

    グルメレクチャー
    仮面のひ・み・つ「伊達男、カサノーヴァが味わった18世紀、ヴェネチアの食と悦楽」

    講師:大原千晴

    【定員:16名】

    ビザンチンと西洋文化の分岐点とも言えるヴェネチアは、16世紀以降、スパイスの交易国として、その黄金時代を迎えました。 その様子は、ヴェネチア派の巨匠、ヴェロネーゼの絵にも如実に描かれています。 時は変わって18世紀。 後世に名を残す伊達男、カサノーヴァは、天才的な恋愛の名手であるだけでなく、イタリアきってのグルメとしても知られています。 全盛期を過ぎて沈みゆく海の帝国で、豪奢な衣装で密会する仮面の男女のその面白く、セクシーな食宴。カサノーヴァが堪能した、ヴェネチアの深くて美味しい食の世界を紐解きます。

    種別

    アカデミー

    グルメ・レクチャー

     
    講座名 グルメレクチャー 仮面のひ・み・つ「伊達男、カサノーヴァが味わった18世紀、ヴェネチアの食と悦楽」
    講師 大原千晴
    日時 2/24(月祝) 11時〜14時半
    会場 外苑前・イタリア料理店「リストランテ アクアパッツァ」
    https://acqua-pazza.jp
    受講料 13,000円イタリア料理コース、乾杯用スプマンテ)

    大原千晴(おおはら ちはる)

    「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学オープンカレッジ講師。 早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/
    大原千晴

     

     

     

    ACADEMY〜アカデミーコース

    フランス・上流階級の家
    カーテンに見るフランス室内装飾の歴史

    講師:福西弘美

    【定員:10名】

    ロワール川の古城から絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿のインテリアに至るまでのフランス室内装飾用ファブリックのお話を致します。カーテンの歴史以前に、ヨーロッパのお城の窓や部屋の作りの歴史を紐解き、布の持つ 機能性と装飾性をわかりやすく解説。タペストリーからゴブラン織、リヨンシルクに至るフランス国内産業の発展の中で、特に人気を博したデザインや色、モチーフ、飾りなど、聞いたらすぐ誰かに話したくなるエピソードもご用意。 締めくくりに、老舗ファブリックブランドのアーカイブに残る伝統柄が、現代のインテリアでどのように使われているかについても写真やカタログを使って紹介します。

    種別

    アカデミー

     
    講座名 フランス・上流階級の家 カーテンに見るフランス室内装飾の歴史
    講師 福西弘美
    日時 2/15(土) 13時半〜15時半
    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 5,500円

    福西弘美(ふくにし ひろみ)

    米国駐在(LA)を経て、30代前半、NYの不動産管理会社に転職し、NYマンハッタンで自身のマンションを購入。それをきっかけに欧米スタイルのインテリアに強い関心を抱く。その後パリ留学、オークションハウス、クリスティーズでフランス美術史を学んだ後、東京目黒区碑文谷でアンティーク家具の輸入、インテリアサービス業を起業。一時期ベルギーに移住するなど長い海外生活を経て2012年に帰国。現在は大阪中之島にてライフスタイルショップ、「エルス」を運営する傍らインテリアデザインに従事。輸入ファブリックを用いたカーテンの製作、インテリアのオブジェ買付を通じて、法人・個人顧客に広くインテリアアドバイスを行う。http://www.eurolifestyle.net (オンラインショップ) http:// www. elsdesign.net (インテリアサービスサイト)
    福西弘美

    過去の講座・イベント

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー
    アルビオンアート
    これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝
    2012年6月8日発売 「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里