• 旅カルチャーコース

    旅は『学びのきっかけであり集大成』なのです。

    今でこそ、飛行機でひとっ飛びの外国ですが、かつての人々は大掛かりな準備をし、命がけで見聞を広げる旅に出たものです。今でも、視野を広げ自分の力量を試すのに、旅ほど効率的なものはありません。 プティ・セナクルでは、著名な講師陣によるプレ・クラスを”必修”とし、そこで知り合った同じ目線を持つ仲間たちとともに、事前に習得した貴重な知識を実体験する個性豊かな修学旅行を企画しています。


     

    アンティークのスペシャリスト 海外研修プログラム「マエストロコース」

     

    フランス文部省管轄下国家家具部門で国宝級家具とタペストリーの修復工房に参入し、アンティークの製作過程についての深い知識を得ることを目的とします。現地では、アパルトマンホテルに滞在しながら、授業のない週末にはパリで観ておくべき美術館やアトリエを訪問。また、パートナーシップを結んでいるサンジェルマン・デプレの「ル・カ レ・リヴ・ゴーシュ」協会のアンティークディーラーたちとの交流を計ります。地方への小旅行などを含んだ、フランスのアンティークを暮らすように体験する1週間の研修プログラムです。

    <タピスリー張り椅子コース> または、<キャビネットメーカーコース>を選択。
    【 各コース定員:3名】

    • フランスの歴史を飾るモビリエ・ナショナルの装飾品に触れながら、アンティークの様式の変遷を学ぶ。
    • 7万点のフランスの国家の宝が貯蔵されている倉庫を訪れ、アンティークの銘品たる所以を徹底研究。
    • 素材(木材、ブロンズ、テキスタイル)、技法、等の基礎知識を学ぶ。
    • 家具の黄金時代、ルイ15世(ロココ)時代の事務机の修復のA〜Zを識る。
    • 家具・タペストリーの修復に必要な道具の遣い方を学ぶ。
    • マエストロ(匠)のもとで、「インレイ細工パネル」または「テキスタイル画」の作品を仕上げる。

     

    • アンティーク鑑定基礎コースの修了者(旧総合コースを含む)、旅カルチャーコースの修了者、 または同等の知識を持つこと(*)が認められる方。
      (*)については事務局へお問合せください。

      モビリエ・ナショナルの研修が終わると
      【1】研修中に自分で作った作品が御持ち帰りになれます。
      * <タピスリー張り椅子コース>は「テキスタイル画」
      * <キャビネットメーカーコース>は「インレイ細工パネル」
      【2】フランス文部省管轄下、国家家具部門「モビリエ・ナショナル」認定 マエストロ研修修了証書

      【3】プティ・セナクル認定マエストロコース修了者の肩書きお名刺(50枚)

       

    旅して習うフランス国家家具鑑定・修復技術

    準備中です。

    旅の日程

    準備中です。

    プレ・クラス

    準備中です。

     

    旅カルチャーコース〜過去に実施された旅

    2016
    旅して習う国家家具鑑定・修復技術「研修旅行 アンティーク鑑定 マエストロ育成」
    2016
    旅して探すアンティーク「デンマーク・コペンハーゲンとボーホルム島&スウェーデン 花とアンティーク、そしてグルメシーンに触れる旅」
    2016
    旅して探すアンティーク「オランダ&フランス ノスタルジックな手芸品を見つける旅」
    2015
    旅して学ぶ貴族の暮らし「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行」
    2014
    旅して学ぶ貴族の暮らし「狩猟から文化サロンまで、憧れの貴族の社交界」
    2014
    旅して探すアンティーク「白夜のデンマーク、シェラン島、フュン島、エーロ島」
    2013
    「マリー・アントワネットの衣・食・住 2013」

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー
    マリー・アントワネット物語展
    これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝
    2012年6月8日発売
    「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里