• 旅カルチャー

    旅は『学びのきっかけであり集大成』なのです。

    今でこそ、飛行機でひとっ飛びの外国ですが、かつての人々は大掛かりな準備をし、命がけで見聞を広げる旅に出たものです。今でも、視野を広げ自分の力量を試すのに、旅ほど効率的なものはありません。 プティ・セナクルでは、著名な講師陣によるプレ・クラスを”必修”とし、そこで知り合った同じ目線を持つ仲間たちとともに、事前に習得した貴重な知識を実体験する個性豊かな修学旅行を企画しています。

    旅する

    旅して学ぶ貴族の暮らし

    一般人に閉ざされた貴族社会への扉。その固い扉の鍵を持つ石澤季里が、マリー・アントワネットが世に広めたことで知られるフランス流アール・ド・ヴィーヴル(芸術的な人生)を体験する旅にお連れします。マダム・ジジこと、ド・ジュヌヴライ伯爵夫人のシャトー「レ・ゾーベール」、モード・フリゾン・ド・マルコさんのシャトー「レ・ゾート・ベル」へと出かけましょう。マナーやプロトコルに則した貴族の年間行事に参加するチャンスを得るためには、その価値と扱い方、そしてその場に身を置くマナーを熟知することが必須です。彼らのポジティブでスケールの大きな人生観は、必ずしや参加者の今後に大きな影響を与えることとなるでしょう。

    対象

    • 欧州の日常にアンティークがどのように使われているかを、その目で確かめたいと思っているアンティーク鑑定基礎コース修了者やヨーロッパ芸術と文化の修得者。
    • とっておきのアンティークやブロカントを手に入れたいと思っているコレクター。
    • 手工芸についての見聞を広めたいと思う手仕事愛好家。
    • アンティークはまったく初めて。でも、見る目を養いたい教養人。
    • 通常のツアーでは満足できない旅のエキスパート。

    ステップ

      コース終了後は「旅カルチャーコース修了証書」を発行します。 旅で得た知識をさらにブラッシュアップするには、アンティーク・エデュケーションをおすすめします。アンティークの逸品を見る目と旅先での貴重な体験を融合させることで、インテリアやファッションにオリジナリティー豊かなワンランク上の「スタイル」が誕生します。

    2019年の修学旅行

    王妃マリー・アントワネットの愛した手仕事とヴェルサイユを満喫する
    18世紀の宮廷文化に触れる旅

    写真は参考イメージです。
    6/20、6/23帰国便の時間を訂正しました。(2019.02.18)
    日本-パリの往復航空券の参考料金を更新しました。(2019.02.18)
    6/18〜6/20の予定が一部変更になりました。(2019.02.09)
    旅行費用、最低人数について更新しました。(2019.01.20)

      王妃マリー・アントワネットの愛した手仕事とヴェルサイユを満喫する
      18世紀の宮廷文化に触れる旅

        Rout 1 : 2019/6/17(月) 〜 6/20(木) 〔3泊4日〕

        石澤季里の著書「フランス手仕事、名品の物語マリー・アントワネットが愛した職人技」を手に、ボビンレース、リボン、タッセル、靴、と、18世紀から続く手工芸の街を訪れます。 途中、建築家コルビュジェの設計した修道院ホテルで敬虔なキリスト教信者でもあった王妃の気分に浸ります。
        <パリ空港集合/パリ・リヨン駅解散> 定員:6名 (最低人数:5名) 

        費用  28 万円  (シングルユース)

         

        Rout 2 : 2019/6/20(木) 〜 6/23(日) 〔3泊4日〕

        ソフィア・コッポラ監督の映画に登場する18世紀の仮面舞踏会そのままに、ヴェルサイユ宮殿で年に一度、夜を徹して開催されるお楽しみに、当時の衣装を身につけ参加します。修復を終えた王妃のプライベート空間や、宝石のような邸宅美術館にもお連れし、ヴェルサイユの知られざる魅力を発見していただきます。
        <パリ・ホテル集合/パリ空港解散> 定員:9名 (最低人数:6名)  

        費用  31 万円  (シングルユース)

         

        Rout 1 + Rout 2 : 2019/6/17(月) 〜 6/23(日) 〔6泊7日〕

        費用  59 万円 → 58 万円 (シングルユース)

      • Rout 1・ Rout2 どちらか一方でも、両行程参加も可能です。
      • 日本-パリの往復航空券は各自ご購入をお願いいたします。参考までにエール・フランス航空での往復料金は、6/17〜6/23:168,480円、6/17〜6/20:173,480円、6/20〜6/23:174,480円。(2019年2月18日現在) 。同時期にパリコレが開催されるため、チケット料金はどんどん高くなっていきます。お早めの決定をお勧めします。
      • サン・テティエンヌの宿坊以外は、ホテルはすべて4つ星クラスです。
      • 宿泊はすべてシングルユースです。ツイン、スイートルームご希望の方は別途ご相談ください。
      • プレパコースの受講料は含まれません。
      • 上記日程は2019年1月現在のものです。訪問先などの予定に若干の変更がでる場合があります。
      • 最低人数に満たない場合はキャンセルとなります。
      • 講師の諸事情でやむを得ず中止になる場合があります。その場合は速やかにご連絡し旅費を返金いたします。
      • 旅行参加のお申込み期限:【 3/15 】
      • 旅行代金のお支払い期限:【 3/31 】までに全額御支払いください。
      • キャンセル料:4/1より10%が発生します。

    旅の日程 ( Route 1 + Route 2 )

    6/17

    成田発10:35 パリ・シャルルドゴール空港着 16:10 のAF275便に合わせて石澤がお迎えにあがります。そのまま、タクシーでオルリー空港へ。空港内で軽く食事を済ませて 20:20発 エールフランス提携航空会社HOP!のAF7440でオーヴェルニュ地方、クレモン・フェラン空港へ。到着は21:15です。タクシーでホテルにチェックインし、長い一日を終えます。

    宿泊 ホテル・メルキュール・クレルモンフェラン

    6/18

    朝食後、プライベート・ミニバスで風光明媚な中世からの巡礼の街、ル・ピュイ・アン・ヴレへ。18世紀以来、レース編みの技術の高さによって「ヴレで一古い工業都市」となったこの街のレース編みに触れるべく、500本のボビンを用いたレースコレクションを誇るクロザチエ美術館、フランスの無形文化遺産になっているボビンレースのアトリエを訪問します。また、サン・チヤゴ・デ・コンポステラへの巡礼の聖地となった所縁のノートルダム大聖堂と素晴らしい宝物館を見学します。夕刻、ミニバスでヴァランスへ。世界中の食通がわざわざ訪れる、ミシュランの3つ星女性シェフ、マダム・ピックのビストロ「アンドレ」で食事します。3代に渡って伝え続けられた自慢の伝統料理をいただきます。宿泊は「ホテル・レ・ネゴシアン」です。

    宿泊 ホテル・レ・ネゴシアン

    6/19

    朝食を済ませ、靴のメッカ、ロマン・シュル・イゼール。国際シューズ博物館でファッション史上でも重要な役割を占めるおしゃれな靴を見学した後、ショッピングを楽しみます。パリジェンヌの憧れのブランド「ロベール・クレジュリー」ほか、パリの半額以下で素敵な靴が手に入れられます。ランチを挟んでサン・テティエンヌへ。リボン製造の変遷がよく理解できる工業博物館で美しいリボンの数々に触れます。 美術館内のミュージアムグッズコーナーでは、素敵なリボンを購入することも可能です。夕刻バスでリヨンへ。ホテルにチェックインした後、リヨンを誇る地元料理店「ブション」で美味しいディナーを楽しみましょう。

    宿泊 ホテル・カールトン・M キ゛ャラリー・ ハ゛イ・ソフィテル

    6/20

    NHK BSテレビの番組「お宝を掘り当てろ!!フランス アンティーク鑑定旅」にも登場した、リヨンが誇る運河沿いの蚤の市に出かけます。テキスタイルからタッセル、リボンのような様々な手仕事、ガラスや陶器などのテーブルウエアやブロカントが手に入ります。その後、ユネスコの世界遺産にも登録されている建築家ル・コルビュジェが建てたドミニコ派の修道院「ラ・トゥーレット」で、敬虔なカトリックだった王妃マリー・アントワネットに想いを馳せます。昼頃のTGVでパリへ。ランチは車内で。リヨン駅着、帰国なさる方はここで解散となります。お勧めのフライトは、パリ・シャルルドゴール発 17:40 東京・羽田到着翌日12:15のAF272です。

    後半も引き続き、旅にご参加の方は、ホテルに荷物を置いた後、高級タッセルブランド「ユレス」のショールームを訪れ、「インテリアとタッセルのコーディネート術」をレッスンしていただきましょう。ホテルに戻って、石澤がみなさんのために用意した仮面舞踏会のために用意した衣装を試着チェック。 問題がある方は、石澤と一緒に貸衣装屋へ。そうでない方はフリー。

    後半の旅に参加する方々とホテルで落ち会います。ディナーは、パリの話題のガストロノミックレストランにお連れします。お楽しみに!

    宿泊 ホテル・ヴィニョン

    6/21

    朝食を済ませ、午前中、フリー。オペラ座界隈のデパートでショッピングを楽しむもよし、美術展に足を伸ばすもよし。ご興味ある方は石澤がドロウ競売場にお連れします。プロのディーラーで熱気にあふれた内覧会の様子をご覧いただきます。 午後、 荷物を持ってタクシーでヴェルサイユのホテルへ向かいます。着後、チャーミングな邸宅美術館「ランビネ」を訪れます。

    宿泊 ホテル・ルイ・ヘ゛ルサイユ・シャトーM キ゛ャラリー・ハ゛イ・ソフィテル

    6/22

    朝からヴェルサイユ宮殿へ。王妃のプライベート空間を訪れます。ランチは宮殿内アラン・デュカスプロデュースの「オーレ」にて。ホテルに戻って夜までシェスタするなり、くつろいでいただきます。カフェで軽い食事をとった後、仮面舞踏会へ行くためのドレスに着替えます。仮面舞踏会は 23:30 開始。朝まで続きます。プティ・セナクルでは、シャンパン&ビュッフェ付きのスーペ(夜食)のテーブルをブッキングしています。早朝、ルイ14世がバロックバレエを踊ったオランジュリーでクラシックコンサートと朝食が振る舞われますが、どうしても体調不良で夜明けまで起きていられない方は、ホテルに戻ってもかまいません。

    宿泊 ホテル・ルイ・ヘ゛ルサイユ・シャト ーM キ゛ャラリー・ハ゛イ・ソフル

    6/23

    朝、フリー。元気がある方は11:00集合。ヴェルサイユのアンティーク・アーケードにお連れします。また、マルシェもあるので、お土産も手に入れることができます。パリ・シャルルドゴール発17:40 東京・羽田到着翌日12:15のAF272に合わせてホテルを14:00に出発します。空港にて解散。再び東京で会うことを楽しみに、仲間たちと別れを告げます。

    プレパコース

    すべての講座はどなたでも受講いただけます。

    経堂教室はレッスン20分前からオープンします。セルフサービスのお水やお茶をご用意しますので、早めにお越しいただき、近況報告など、講師との雑談を楽しんでください。また、レッスン後には別途、質疑応答の時間を設けています。

    • 修学旅行に参加する方は3講座必修となります。
      2/20、3/6、3/20に開催される石澤季里の講座「フレンチ・エレガンスの代名詞」(説明会を兼ねる) 何れか1つ必修とし、それ以外にプレパコースから2講座を受講ください。
    • 欠席の場合や地方にお住まいの方は、DVDでプレパ・クラスを受講することが可能です。(DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。)
    PREPA 〜 プレパコース

    フランス手仕事1・リボンとタッセルの街、サンテティエンヌ

    講師:石澤季里

    リヨン近郊サン・テティエンヌは、長年、リヨンのシルク産業を支える大切な役割を占めてきました。そして、その街で作られた美しいリボンとタッセルは、18世紀の宮廷人の垂涎の的だったのです。建築家コルビュジェも愛した、お洒落とインエリアに欠かせないアクセサリーの街、サン・テティエンヌの 魅力を美しい写真とともに発見しましましょう。

    種別

    プレパ

     
    講座名 フランス手仕事1・リボンとタッセルの街、サンテティエンヌ
    講師 石澤季里
    日時 4/13 (土) 15時〜17時
    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 5,000円

    石澤季里(いしざわ きり)

    プティ・セナクル代表、ジャーナリスト 5年にわたるフランス生活でフレンチ・アンティークについて学び帰国。2000年からプティ・セナクル(旧アンティーク・エデュケーション)を開校。アンティークの鑑定および作られた時代背景を学び、優れた工芸品に触れる喜びと日常に取り入れる楽しさ、また、貴族やアッパークラスの生活を通してヨーロッパの生きた歴史文化に触れる場を提供している。著書に「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」(CCCメディアハウス)ほか。
    大原千晴
    PREPA 〜 プレパコース

    ダンスに見るヴェルサイユのお楽しみ

    講師:石坂安希

    中世後期のヨーロッパに誕生した仮面舞踏会は、祝祭や社交といったイベントの場である宮廷舞踊会として発展していきました。そうした中、無類のダンス好きとして知られるルイ14世は、舞台芸術としてのダンスとして名高い“バレエ”を誕生させて、宮廷舞踏会に革命をもたらしました。さらに、バレエが今日に至る形式への発展に貢献した人物こそが、ヴェルサイユの王妃・マリー・アントワネットでした。 本講座では、仮面舞踏会をはじめとする華麗な宮廷舞踏会の歴史を紐解くと共に、 バレエ芸術の発展にも貢献したヴェルサイユにゆかりのある人物たちにまつわる舞台芸術についてご紹介していきます。

    種別

    プレパ

     
    講座名 ダンスに見るヴェルサイユのお楽しみ
    講師 石坂安希
    日時 4/20 (土) 15時〜17時
    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 5,000円

    石坂安希(いしざか あき)

    早稲田大学演劇博物館招聘研究員。宝塚歌劇についての講座を大学、官庁、百貨店で開催するほか、第9回山手芸術祭の展示イベントでは鹿鳴館、帝国劇場にまつわる明治期の歴史展示およびキュレーターを務めるなど多方面で活躍。聖心女子大学文学部歴史社会学科西洋史専攻卒業後、早稲田大学大学院文学研究科演劇映像学コース舞踊学専攻修士課程入学。バレエ・リュス、モーリス・ベジャール振付作品を中心としたバレエ研究に着手。修士課程修了後、同大学院博士後期課程入学するが、2013年11月に研究テーマをバレエから宝塚歌劇へと変更、2014年10月には舞踊学から日本演劇学へ移籍。2017年5月、早稲田大学文学研究科演劇映像学コースにおいて博士号(文学)取得。
    大野麻里
    PREPA 〜 プレパコース

    フランス手仕事2・パリジェンヌと靴の甘美な関係

    講師:石澤季里

    「お洒落の要は靴にあり」とパリジェンヌたちは口を揃えて言います。その歴史は古く、王妃マリー・アントワネットも靴には相当のこだわりがあったようです。恋愛妙技には欠かせない靴のもつ、エロティックな意味合いも交えながら、 パリジェンヌたちの靴のお洒落の変遷を追っていきましょう。

    種別

    プレパ

     
    講座名 フランス手仕事2・パリジェンヌと靴の甘美な関係
    講師 石澤季里
    日時 5/18 (土) 15時〜17時
    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 5,000円

    石澤季里(いしざわ きり)

    プティ・セナクル代表、ジャーナリスト 5年にわたるフランス生活でフレンチ・アンティークについて学び帰国。2000年からプティ・セナクル(旧アンティーク・エデュケーション)を開校。アンティークの鑑定および作られた時代背景を学び、優れた工芸品に触れる喜びと日常に取り入れる楽しさ、また、貴族やアッパークラスの生活を通してヨーロッパの生きた歴史文化に触れる場を提供している。著書に「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」(CCCメディアハウス)ほか。
    大原千晴
    PREPA 〜 プレパコース

    フランス手仕事3・神に捧げる手仕事レース編みと刺繍

    講師:石澤季里

    今から2万年前、クロマニョン人がラスコーで描いた洞窟絵画を発祥に、アートは神や王に捧げるために創作され、発展してきました。神に捧げる瞑想のひとつとして発展してきた手仕事の芸術品、レース編みと刺繍。その歴史と逸品の見分け方についてお話しします。

    種別

    プレパ

     
    講座名 フランス手仕事3・神に捧げる手仕事レース編みと刺繍
    講師 石澤季里
    日時 6/8 (土) 15時〜17時
    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 5,000円

    石澤季里(いしざわ きり)

    プティ・セナクル代表、ジャーナリスト 5年にわたるフランス生活でフレンチ・アンティークについて学び帰国。2000年からプティ・セナクル(旧アンティーク・エデュケーション)を開校。アンティークの鑑定および作られた時代背景を学び、優れた工芸品に触れる喜びと日常に取り入れる楽しさ、また、貴族やアッパークラスの生活を通してヨーロッパの生きた歴史文化に触れる場を提供している。著書に「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」(CCCメディアハウス)ほか。
    大原千晴

    旅カルチャーコース〜過去に実施された旅

    2018
    旅して学ぶ貴族の暮らし「サロンの華と謳われたエレオノール・ダキテーヌのサロン文化に触れる旅」
    2018
    旅して探すアンティーク「青い海に映える白いアンティークを探すデンマークへの旅」
    2016
    旅して学ぶ貴族の暮らし「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」
    2016
    旅して習う国家家具鑑定・修復技術「研修旅行 アンティーク鑑定 マエストロ育成」
    2016
    旅して探すアンティーク「デンマーク・コペンハーゲンとボーホルム島&スウェーデン 花とアンティーク、そしてグルメシーンに触れる旅」
    2016
    旅して探すアンティーク「オランダ&フランス ノスタルジックな手芸品を見つける旅」
    2015
    旅して学ぶ貴族の暮らし「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行」
    2014
    旅して学ぶ貴族の暮らし「狩猟から文化サロンまで、憧れの貴族の社交界」
    2014
    旅して探すアンティーク「白夜のデンマーク、シェラン島、フュン島、エーロ島」
    2013
    「マリー・アントワネットの衣・食・住 2013」

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー
    マリー・アントワネット物語展
    これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝
    2012年6月8日発売
    「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里