• 旅カルチャーコース

    旅は『学びのきっかけであり集大成』なのです。

    今でこそ、飛行機でひとっ飛びの外国ですが、かつての人々は大掛かりな準備をし、命がけで見聞を広げる旅に出たものです。今でも、視野を広げ自分の力量を試すのに、旅ほど効率的なものはありません。 プティ・セナクルでは、著名な講師陣によるプレ・クラスを”必修”とし、そこで知り合った同じ目線を持つ仲間たちとともに、事前に習得した貴重な知識を実体験する個性豊かな修学旅行を企画しています。

    旅する

    旅して学ぶ貴族の暮らし

    一般人に閉ざされた貴族社会への扉。その固い扉の鍵を持つ石澤季里が、マリー・アントワネットが世に広めたことで知られるフランス流アール・ド・ヴィーヴル(芸術的な人生)を体験する旅にお連れします。マダム・ジジこと、ド・ジュヌヴライ伯爵夫人のシャトー「レ・ゾーベール」、モード・フリゾン・ド・マルコさんのシャトー「レ・ゾート・ベル」へと出かけましょう。マナーやプロトコルに則した貴族の年間行事に参加するチャンスを得るためには、その価値と扱い方、そしてその場に身を置くマナーを熟知することが必須です。彼らのポジティブでスケールの大きな人生観は、必ずしや参加者の今後に大きな影響を与えることとなるでしょう。

    対象

    • 欧州の日常にアンティークがどのように使われているかを、その目で確かめたいと思っているアンティーク鑑定基礎コース修了者やヨーロッパ芸術と文化の修得者。
    • とっておきのアンティークやブロカントを手に入れたいと思っているコレクター。
    • 手工芸についての見聞を広めたいと思う手仕事愛好家。
    • アンティークはまったく初めて。でも、見る目を養いたい教養人。
    • 通常のツアーでは満足できない旅のエキスパート。

    ステップ

      コース終了後は「旅カルチャーコース修了証書」を発行します。 旅で得た知識をさらにブラッシュアップするには、アンティーク・エデュケーションをおすすめします。アンティークの逸品を見る目と旅先での貴重な体験を融合させることで、インテリアやファッションにオリジナリティー豊かなワンランク上の「スタイル」が誕生します。

    旅して学ぶ貴族の暮らし【2018年】

    ヌーヴェル・アキテンヌへの旅

    2018/夏

    ヌーヴェル・アキテンヌへの旅

    プレ・クラス:---
    主催:プティ・セナクル
    写真は参考イメージです。

    吟遊詩人たちに「花」と歌われた美貌を誇り、十字軍を伴って女だてらに中東まで出向いたと思えば、 その先で聖職者のように大人しいフランス王の夫に愛想をつかし、次なる英国王を約束されていた年下の騎士を魅了し、帰ってきた途端、 フランスから英国王女へと転身を図った女君エレオノール・ダキテンヌ。100年戦争のきっかけにもなった彼女の華やかな宮廷は、 その後に続く、フランスの宮廷マナーの基本にもなりました。

    2018年の夏は、フランス大統領を続々と輩出するエレオノールの故郷にみなさんをお連れします。
    美しいシャトーの庭で繰り広げられる音楽祭。また、フランスのグルメをうならせるフォアグラとトリュフの名産地でもあるこの地方。 フランスの美しい村の数々を回りながら、豊かな渓谷と森に囲まれたヌーヴェル・アキテンヌ地方の魅力に触れる旅です。

    プティ・セナクル代表 石澤季里

    旅の日程

    調整中です。

     

    旅を楽しむためのプレ・クラス

    下記のほか、4〜5回程度のプレ・クラスを予定しています。

    • 旅カルチャー
    • 【旅カルチャーコース:旅の参加者】を対象とした講座です。
      旅行の参加には、規定のプレ・クラス全ての受講が必要です。
    • すべての講座はどなたでも受講いただけます。
    • 旅カルチャーコースは、旅して学ぶ講座です。
    • 欠席の場合や地方にお住まいの方は、DVDでプレ・クラスを受講することが可能です。(DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。)

     

    Preparatoire classe〜プレ・クラス

    中世末フランス宮廷と上層市民の宴席と料理:黎明期のフランス料理(仮題)

    講師:大原千晴

     

    種別

    旅カルチャー

     
    講座名 中世末フランス宮廷と上層市民の宴席と料理:黎明期のフランス料理(仮題)
    講師 大原千晴
    日時 7/1(日) 11時〜13時
    会場 経堂教室教室アクセス
    受講料 調整中

    大原千晴(おおはら ちはる)

    「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/
    大原千晴

    旅カルチャーコース〜過去に実施された旅

    2016
    旅して学ぶ貴族の暮らし「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」
    2016
    旅して習う国家家具鑑定・修復技術「研修旅行 アンティーク鑑定 マエストロ育成」
    2016
    旅して探すアンティーク「デンマーク・コペンハーゲンとボーホルム島&スウェーデン 花とアンティーク、そしてグルメシーンに触れる旅」
    2016
    旅して探すアンティーク「オランダ&フランス ノスタルジックな手芸品を見つける旅」
    2015
    旅して学ぶ貴族の暮らし「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行」
    2014
    旅して学ぶ貴族の暮らし「狩猟から文化サロンまで、憧れの貴族の社交界」
    2014
    旅して探すアンティーク「白夜のデンマーク、シェラン島、フュン島、エーロ島」
    2013
    「マリー・アントワネットの衣・食・住 2013」

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー
    マリー・アントワネット物語展
    これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝
    2012年6月8日発売
    「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里