• 最新情報

    3/4グルメレクチャー 「ヘミングウェイ、藤田、フィッツジェラルド〜1920年代、アール・デコ時代の寵児が集ったモンパルナスのブラッスリー」開催です!

    2017年12月31日

    食文化ヒストリアンの大原千晴先生によるプティ・セナクルの人気講座「グルメレクチャー」。
    次回のテーマは前回同様、大作家ヘミングウェイが主人公です。 1920年代、作家を中心にしたアール・デコ時代の鬼才たちは どんな料理と会話で盛り上がったのでしょう?
    乞うご期待です!

    両大戦間のパリ(1919?1939)。 第一次世界大戦が幕を閉じる1918年末からの20年間、パリは、つかの間の平和を謳歌します。この時代、モンパルナスには、世界中から芸術家志望の若者たちが押し寄せます。ヘミングウェイやピカソを筆頭に、彼らが集ったカフェ、ビストロ、ブラッスリー、バーそして優雅なサロン。当時世界で一番洗練され、同時に退廃的な香りも一杯のパリの夜。彼らが飲んで食べて愛した世界を、多数の画像と共にご紹介致します。

    ●講座名 グルメレクチャー 「ヘミングウェイ、藤田、フィッツジェラルド〜1920年代、アール・デコ時代の寵児が集ったモンパルナスのブラッスリー」
    ●講師 大原千晴
    ●日時 3/4(日) 11時〜14時    【開場】:10時45分 【開演】:11時〜
    ●会場 「ビストロ マルクス」(銀座)
      東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F    http://www.bistromarx.jp/
    ●受講料 13,000円(レクチャー代、オリジナルカクテル、フランス料理コースメニュー代含む)

    大原千晴(おおはら ちはる)
    「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/

  • プティ・セナクル すべての講座・イベントのページへ
  • 石澤季里が飯田橋・アンスティチュ・フランセ東京で講座を担当します。

    2017年12月12日

    アンスティチュ・フランセ東京の2018年新春クラスは、パリスタイルのダンディズムの歴史です。
    ダンディズムの所以についてはもちろん、 彼らが仲間たちと集ったパリの名所旧跡、 またアイコン的ブランド品など、 パリ色満載でお話したいと思っています。

    石澤季里

    「愛するパリ!ダンディズムの歴史 Paris, je t’aime ! L’Histoire du Dandysme Parisien」
    (講師:石澤季里)

    《クラスコード  7T2GP》

    底知れぬ魅力をたたえるパリのスペシャリスト養成講座。ジャーナリストとしてパリに暮らし、 パリと日本を頻繁に行き来する教師と共に、歴史的名所から最新スポットまで冒険旅行するよ うに巡りましょう。今学期は、19世紀に誕生したダンディズム精神を貫いたお洒落なパリのダンディーたち。その幅広い交流関係とともに、アイコン的ブランド、またパリの隠れざる名所を辿っていきます。全5回15名限定。5名以上で開講。聴講はお受けできません。ご登録の締切は、1月5 日(金)までとなります。

    《実施日》
    1 月10日(水):ダンディーの誕生と文豪バルザックの苦難の人生
    1 月31日(水): アール・ヌーヴォー芸術の庇護者、ロベール・ド・モンテスキュー
    2月 14日(水):社交界の寵児、マルチタレントジャン・コクトーとその親友シャネル
    2月28日(水):新ジェントルマンスタイルと音楽家セルジュ・ゲンズブール
    3月14日(水):天才クチュリエとパリのアーティストを魅了したミューズ、ジャック・ド・バシェール
    《時間》 14h00-16h00   《受講料》¥19,500 (全5回)

     

    ※詳細はこちら http://www.institutfrancais.jp/tokyo/files/2017/02/Brochure2018h.pdf
    ※お申込み・お問合せ アンスティチュ・フランセ東京 www.institutfrancais.jp/tokyo 

  • アンスティチュ・フランセ東京のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 松坂屋名古屋店「フランス物語」で、11/9、石澤季里トーク「憧れのフランス貴族のおもてなし術」開催!

    2017年11月07日

    大阪中之島のセレクトショップ「ユーロライフスタイル」は、 日々の暮らしをワンランクアップさせる素敵な小物やファッションを扱うお店です。オーナー、福西弘美さんは、オークションハウス「クリスティーズ」のエデュケーション部門を卒業し、パリをはじめ、ベルギーやNYのインテリアやモードにも精通した方です。その弘美さんがプロデュースに関わってる名古屋松坂屋のイベント「名古屋市---ランス市 姉妹都市提携記念 フランス物語」(11/7(火)〜 11/20(月)本館7階 大催事場) でお話しすることになりました。

    日時は11月9日(木)の13時〜/16時〜の2回。 テーマは主婦の友社の季刊誌「ボンシック」で不定期連載している「憧れのフランスの社交界、シャトレーヌ&シャトランのおもてなし」です。 会場には素敵なインテリアや小物が溢れているので、そのなかからシャトーでのおもてなしに不可欠なお洒落なものを選んでその歴史や使い方についてワンポイントレッスンする予定です。

    会場には、福西弘美さんの「ユーロライフスタイル」のブースもあります。 是非、足を運んでみてくださいね。


    「名古屋市---ランス市 姉妹都市提携記念 フランス物語」イベントのページはこちら

  • 名古屋松坂屋のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 「BonChic vol.16」(主婦の友社)で、石澤季里が「憧れのフランス社交界。シャトランのおもてなし」を執筆しました。

    2017年11月06日

    10月26日発売の「ボンシック(別冊PLUS 1 LIVING・主婦の友社) vol.16」で、「憧れのフランス社交界。シャトランのおもてなし」を執筆しました。

    今回は、カトリーヌ・ド・メディシスのライバルでフランス史上で1、2を争う美貌の持ち主ディアヌ・ド・ポアチエの城、アネ城について書いています。 現城主のジャン・ド・イチューブさんは、フランス最大の広告代理店開発部のディレクターを務める方。70とは思えないパワフルでイケメン(笑)でしたよ!

    そのほか、プティ・セナクルの人気講師、大原千晴先生や黒瀧道信先生のページもあります。こちらもどうぞ、ご覧くださいね。

  • 主婦の友社「Bon Chic vol.16」のページへ
  • その他、石澤季里のメディア情報はこちら
  • よみうりカルチャー京葉〜石澤季里「グラフィックアートから読み解く19世紀末フランスのファッションと文化」

    2017年10月30日

    ●《 グラフィックアートから読み解く19世紀末フランスのファッションと文化 》
    2017年10月期 1803-1438

    ●内容 
    19世紀末のパリにおいて、重要なメディアとなった版画。そこにはどんな内容が描かれているのか?女性たちを彩るファッションや生活文化など、版画に描かれた19世紀末のパリを見ながら、文化、風俗について理解を深めます。また、市民の生活の中にいかにして芸術が浸透していったのか?当時の写真を見ながら、パリの様相についても学ぶことで、三菱一号館美術館で開催中の「パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画とポスター展」をより楽しむための知識を学びます。 会場は三菱一号館美術館内にある「Café1894」です。特別にお席をご用意しましたので、アップルパイとお茶を召し上がりながらご受講ください。ちょっとおしゃれをして、もっと芸術を!ご一緒に楽しみましょう。

    講師紹介 カルチャーサロン「プティ・セナクル」主宰。成城大学卒業。在学中から「CLASSY」記者として活動。1990年から1994年まで渡仏。アンティーク鑑定士養成学校IESA卒業。フレンチアンティークを学ぶかたわら「フィガロジャポン」「FRaU」「ELLE」他で執筆。帰国後フランス国立美術館連合(ルーブル、オルセー、ヴェルサイユ等の国立美術館を管理する)と日本のテレビ局の合弁会社設立に携わる。著書「パリ 魅惑のアンティーク」「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」他。
    会場:三菱一号館美術館「Café1894」 http://mimt.jp/cafe1894/

    ●講師名 プティセナクル主宰 石澤 季里
    ●日時 14:15〜15:45 12/18(月)
    ●受講料 2,484円(会員)、2,808円(一般)
    ●教材費 1,700円(資料・お茶代)
    ●保険料 100円

    [ご案内]
    受付開始:14時から Café1894(三菱一号館美術館内)
    教材費:アップルパイとお茶 資料代
    美術展への入場はありません。
    [初回持参日]
    筆記用具
    [備考]
    途中受講:不可
    見学:不可
    一日体験:不可
    ※日程・講座内容・講師は一部変更する場合があります。価格は税込です。

    よみうりカルチャー京葉センター http://www.ync.ne.jp/keiyo/
    〒273-0012 船橋市浜町2-1-1 ららぽーと三井ビル5F
    電話 047-434-1125 
    受付時間 9:30〜17:30(木・金曜は20:00まで)一部祝日休館

  • 「よみうりカルチャー京葉」のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 石澤季里が飯田橋・アンスティチュ・フランセ東京で講座を担当します。

    2017年9月11日

    アンスティチュ・フランセ東京での講座の案内です。

    「愛するパリ!パリの人間国宝の技と美、その歴史と今 Paris, je t ’ aime ! Maitre d ’ art parisien hier et aujourd ’ hui」(講師:石澤季里)

    《クラスコード  7T2GP》

    底知れぬ魅力をたたえるパリのスペシャリスト養成講座。ジャーナリストとしてパリに暮らし、パリと日本を頻繁に行 き来する教師と共に、歴史的名所から最新スポットまで冒険旅行するように巡りましょう。今学期は、東京国立博物館 表慶館で開催される展覧会「パリの人間国宝の技と美」に合わせて、歴史のなかの名品の誕生秘話についてお話ししなが ら、芸術の都パリの人間国宝の歴史と今に迫ります。全5回15名限定。5名以上で開講。聴講はお受けできません。

    《実施日》
    10月11日(水): 18世紀の淑女のたしなみ、扇&パラソル
    10月25日(水):漆&磁器憧れのオリエンタルの工芸品
    11月 1日(水):シルクの里リヨン発祥の工芸品 タッセル&リボン
    11月15日(水):刺繍&造花シャネルを支えるオートクチュールの技
    12月 6日(水):シルバー&クリスタルガラス エルメスのテーブル・アートの世界観
    《時間》 14h00-16h00   《受講料》¥19,500 (全5回)

    フランス人間国宝展 公式サイト

    ※詳細はこちら http://www.institutfrancais.jp/tokyo/files/2017/09/program-automne2017.pdf
    ※お申込み・お問合せ アンスティチュ・フランセ東京 www.institutfrancais.jp/tokyo 

  • アンスティチュ・フランセ東京のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 「BonChic vol.15」(主婦の友社)で、石澤季里が「石澤季里さんが尋ねる日本の迎賓館」、「眺めのいいafternoon tea place」他、に登場です。

    2017年4月28日

    4月22日発売の「ボンシック(別冊PLUS 1 LIVING・主婦の友社) vol.15」で、石澤季里が「石澤季里さんが尋ねる日本の迎賓館」「眺めのいいafternoon tea place」「憧れのティーウエアコレクション」「BON CHIC倶楽部通信 石澤季里さんイベントレポート」に登場しています。

    明るく軽やかなエレガントスタイルのインテリアたっぷりの一冊です。
    ぜひご覧ください!

  • 主婦の友社「Bon Chic vol.15」のページへ
  • その他、石澤季里のメディア情報はこちら
  • 石澤季里が飯田橋・アンスティチュ・フランセ東京で講座を担当します。

    2017年3月3日

    4月からのアンスティチュ・フランセ東京での講座の案内です。

    フランス語のMODEという言葉は、ファッションだけを意味するのでなく 習慣やマナーといったさまざまな意味を持つ言葉です。 そんなパリのMODEを 過去と現在から深く紐解くのがこの講座の目的です。 パリに行く予定があってもなくてもパリのスペシャリストになれる講座。申し込みは、アンスティチュ・フランセ東京受付カウンターにて。

     

    「愛するパリ!今、蘇る古き良き時代の「MODE」  Paris je t’aime! La mode d’hier et d’aujourd’hui 」(講師:石澤季里)

    《クラスコード  7T2GP》

    アートからグルメまで、底知れぬ魅力をたたえるパリのスぺシャリスト養成講座。ジャーナリストとしてパリに暮 らした経験を持ち、パリと日本を頻繁に行き来する教師と共にパリの歴史的名所から最新スポットまで、冒険旅行 するように巡りましょう。本アトリエは、観光に役立つフランス語を交えながら進めます。全5回15名限定。5名以上 で開講。聴講はお受けできません。

    《実施日》
    4月 5日(水):ビオからアンティークまで。パリのマルシェの多様性
    4月 19日(水):美人の歴史&パリジェンヌの美のマル秘スポット
    5月 10日(水):三菱一号館美術館「オルセーのナビ派展〜美の預言者たちのささやきとどよめき」展にかけて
    5月 24日(水): 横浜美術館「ファッションとアート 麗しき東西交流」展にかけて。パリの手工芸に見る「日 本」(会場:南青山・ギャラリー L’Atelier)
    6月 7日(水):パリ&東京 話題のフランス料理店のインテリアの流行
    《時間》 14h00-16h00   《受講料》¥19,500 (全5回)

      クリックで拡大

    ※詳細はこちら  http://www.institutfrancais.jp/tokyo/files/2014/02/brochure2017h.pdf
    ※お申込み・お問合せ アンスティチュ・フランセ東京 www.institutfrancais.jp/tokyo 

  • アンスティチュ・フランセ東京のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 大阪・阪急うめだ本店「フランスフェア 2017」で、3/11、石澤季里トークショー開催!

    2017年3月1日

    3/8(水)〜 3/14(火)、大阪の阪急うめだ本店9階催場で開催の「フランスフェア 2017」で、 今年もお話しをさせていただきます。

    今回は、今、手がけている本「マリーアントワネットの愛した手工芸」(予定)のなかで 取材させていただいた扇作家・アンヌ・オギュエさんと対談します。 かつて高貴な身分を証明するパスポートの役割をした扇と 宮中のマナーでもあった扇言葉のいろいろを もっと詳しくアンヌさんに詳しく聞いてみたいとおもいます。 ぜひ、3/11(土)は大阪にいらしてくださいね。


    「フランスフェア 2017」イベントのページはこちら

  • 阪急うめだ本店(大阪)のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 石澤季里が飯田橋・アンスティチュ・フランセ東京で講座を担当します。

    2016年12月22日

    1月からのアンスティチュ・フランセ・アトリエ講座の案内です。
    皆様のお申し込みをお待ちしています!

     

    「ゆっくりのパリ― 四季の冒険旅行ガイド Guide de Paris, comme des vacances」 (講師:石澤季里)

    《クラスコード 7T2GP》

    アートからグルメまで、底知れぬ魅力をたたえるパリのスぺシャリスト養成講座です。ジャーナリストとしてパリに暮らした経験を持ち、 20年来、パリと日本を頻繁に行き来する講師と一緒にパリの歴史的名所から最新スポットまで、冒険旅行するように巡りましょう。このアトリエは、観光に役立つフランス語を交えながら進めます。各回15名限定。各回5名以上で開講。聴講はお受けできません。ご登録の締切は、毎回実施日の7日前(水曜日)となります。3回連続でご登録の方には、授業で用いるプティ・セナクル監修のパリガイド小冊子を差し上げます。

    《実施日》
    1月18日(水):生まれ変わった宮殿ホテルと新ラグジュアリーホテルで過ごす冬のパリ
    2月 8日(水):チョコレートとスイーツ好きに贈るパリの甘い誘惑最新事情
    3月 8日(水):ヴァンドーム広場界隈モードの街、パリのジュエラーと時計ブランドの今
    《時間》 14h00-16h00   《受講料》¥4,000(1回)

      クリックで拡大

    ※詳細はこちら  http://www.institutfrancais.jp/tokyo/files/2014/02/brochure2017h.pdf
    ※お申込み・お問合せ アンスティチュ・フランセ東京 www.institutfrancais.jp/tokyo 

  • アンスティチュ・フランセ東京のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 「BonChic vol.14」(主婦の友社)で、石澤季里が「麗しのMAスタイル 王妃の愛したアルチザン」、「憧れのフランスの社交界 グラン・ブルジョワジーのおもてなし」を執筆しました。

    2016年10月31日

    10月26日発売の「ボンシック(別冊PLUS 1 LIVING・主婦の友社) vol.14」で、「麗しのMAスタイル 王妃の愛したアルチザン」と「憧れのフランスの社交界 グラン・ブルジョワジーのおもてなし」を取材・執筆しています。

    どちらもフランスの宮廷文化、歴史を反映するページ構成となっています。 フランスにはすでに貴族は存在しませんが、それがどんな形でフランスという国に定着しているかを理解する手引きとなります。 ぜひ、手にとって読んでみてください。 また、ボンシック倶楽部に入会いただくと、編集部主催の「マリーアントワネットを語る」昼食会にご参加いただけます。

    大原千晴先生の連載も同じ号に掲載中。

  • 主婦の友社「Bon Chic vol.14」のページへ
  • その他、石澤季里のメディア情報はこちら
  • webマガジン「ミューゼオ・スクエア」が、大原千晴先生の銀器講座を体験取材!

    2016年9月29日

    モノへの好奇心が加速されるWebマガジン「ミューゼオ・スクエア」。
    連載記事「目指せ! 目利き淑女」で、プティ・セナクルの講座を体験くださいました。
    ご参加いただいたのは、大原千晴先生の英国銀器講座。
    英国銀器の魅力や、大原千晴先生の森のように奥深い知識を、肌で感じていただけたようすです! 詳しくは、下記のリンクよりごらんくださいね。

     

    ミューゼオ・スクエア > 連載記事 目指せ! 目利き淑女。>
    美しい! だけじゃない銀器の面白さはどこにある? 目黒ジェオグラフィカで英国銀器講座に参加してきました!


  • ミューゼオ・スクエアのホームページへ
  • 「I'm home no.84」(商店建築社)に石澤季里が「フランス・伝統の技を受け継ぐ-後編-」を執筆しました。

    2016年9月28

    商店建築社「I'm home」の11月号(2016年9月16日発売)に、p128「特別企画/OBSERVE TRADITION フランス・伝統の技を受け継ぐ -後編-」が掲載されました。 今回は、リヨンの絹とタッセルの作り手、それからコーディネート、金糸メーカーや刺繍家を取材・執筆しています。 モビリエ・ナショナルを取材した「前編」に続いて、こちらの「後編」も楽しんでくださいね。

  • 商店建築社「I'm home no.84」のページへ
  • その他、石澤季里のメディア情報はこちら
  • よみうりカルチャー京葉〜石澤季里「大人のおしゃれを楽しむ ブレゲとメレリオ・ディ・メレーの世界」

    2016年9月27日

    《 大人のおしゃれを楽しむ ブレゲとメレリオ・ディ・メレーの世界 》
    講座コード: 201610-07510020

    ●内容 
    王妃の愛したパリの手仕事から、マリー・アントワネットテイストの世界をご案内します。アントワネットのお抱え職人ブレゲとアンティーク時計、アントワネットスタイルをリバイバルさせた19世紀のフランス皇后ウージェニーとメレリオ・ディ・メレーの宝飾品などを、アンティーク研究家の講師が解説いたします。会場は、東京駅八重洲北口直結の大丸東京店13階のXEX TOKYOと、10偕の宝飾・時計売場。各ブランドのショップでは、最新のコレクションをご紹介します。

    会場協力 大丸東京店(XEX TOKYO、時計・宝飾フロア)
    大丸東京店HP http://www.daimaru.co.jp/tokyo/

    ●講師名 プティセナクル主宰 石澤 季里
    ●日時 14:30〜16:00 10/26、11/30
    ●受講料 会員: 3か月 2回 6,700円(うち消費税額496円)
    ●教材費 茶菓代・資料代 3,000円
    ●テーマ 10/26 ブレゲ (スイス) 11/30 メレリオ・ディ・メレー (フランス)
    ●保険料 200円
    ※途中受講できます
    ※見学できません
    ※体験できません

    よみうりカルチャー京葉センター http://www.ync.ne.jp/keiyo/
    〒273-0012 船橋市浜町2-1-1 ららぽーと三井ビル5F
    電話 047-434-1125 
    受付時間 9:30〜17:30(木・金曜は20:00まで)一部祝日休館

    「大人のおしゃれを楽しむ ブレゲとメレリオ・ディ・メレーの世界」のページはこちら

  • 「よみうりカルチャー京葉」のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 石澤季里が飯田橋・アンスティチュ・フランセ東京で講座を担当します。

    2016年9月18日

    秋からのアンスティチュ・フランセ・アトリエ講座の案内です。
    皆様のお申し込みをお待ちしています!

     

    「ゆっくりのパリ - 四季の冒険旅行ガイド Guide de Paris, comme des vacances」 (講師:石澤季里)

    《クラスコード 7T2GP 》

    アートからグルメまで、底知れぬ魅力をたたえるパリのスぺシャリストを目指すアトリエです。ジャーナリストとして パリに暮らした経験を持ち、20年来、パリと日本を頻繁に行き来する講師と一緒にパリの歴史的名所から最新スポッ トまで、冒険旅行するように巡りましょう。このアトリエは、観光に役立つフランス語を交えながら進めます。各回15名限定。各回5名以上で開講。聴講はお受けできません。ご登録の締切は、毎回実施日の7日前(水曜日)となります。3回連続でご登録の方には、授業で用いるプティ・セナクル監修のパリガイド小冊子を差し上げます。

    《実施日》
    10月5日(水): マリー・アントワネットの想い出を辿るパリ〜「ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アント ワネット展」(森アーツセンターギャラリー)に向けてのプレ講座
    11月9日(水): パリジェンヌ流、美人の秘訣
    12月7日(水): ミシュランガイドと星付きシェフ
    《時間》 14h00-16h00   《受講料》¥4,000(1回)

     

    ※詳細はこちら  http://www.institutfrancais.jp/tokyo/files/2014/02/brochure2016a.pdf
    ※お申込み・お問合せ アンスティチュ・フランセ東京 www.institutfrancais.jp/tokyo 

  • アンスティチュ・フランセ東京のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 「I'm home no.83」(商店建築社)で、モビリエ・ナショナルを取材しました。

    2016年7月26

    商店建築社「I'm home」の9月号(2016年7月16日発売)で、「特別企画/OBSERVE TRADITION フランス・伝統の技を受け継ぐ -前編-」を書いています。 プティ・セナクルのパートナーであるモビリエ・ナショナルの素晴らしいミッションについて詳しく取材していますので、ぜひ、手にとってごらんください。

  • 商店建築社「I'm home no.83」のページへ
  • その他、石澤季里のメディア情報はこちら
  • 「BonChic vol.13」(主婦の友社)で、石澤季里が特別連載「フランス貴族の社交界」を執筆しました。

    2016年5月1日

    4月26日発売の「ボンシック(別冊PLUS 1 LIVING・主婦の友社) vol.13」に、特別連載「憧れのフランス貴族の社交界 シャトレーヌのおもてなし〜南仏リヴィエラ 庭が繋ぐソサエティ」(p120)が掲載されました。

    2015年の修学旅行でマダム・ジジと訪れたカロリン侯爵夫人のガーデンがごらんいただけます。

    せひ、ご覧くださいね。

  • 主婦の友社「Bon Chic vol.13」のページへ
  • その他、石澤季里のメディア情報はこちら
  • 石澤季里が飯田橋・アンスティチュ・フランセ東京で講座を担当します。

    2016年3月22日

    アンスティチュ・フランセ・アトリエの講座が4月からも引き続き開講されます。


    今回は、お得意のアール・デコ、ブロカントからヴィンテージ、それから、6/14〜7/31までBunkamura ザ・ミュージアムで開催される、マリー・アントワネットも愛した「西洋更紗トワル・ド・ジュイ展」のお話も交えながら今、パリで最もおしゃれなインテリアのお話をします。毎回、生徒さんへは、 プラスアルファーのわたしからプティ・カドーを差し上げています。各回単発受講可能ですが、3回連続受講の方には、プティ・セナクル編集の「ゆっくりパリ」ガイド小冊子をプレゼントします。 こちらも乞うご期待。

    皆様のお申し込みをお待ちしています!

     

    「ゆっくりのパリ - 四季の冒険旅行ガイド Guide de Paris, comme des vacances」 (講師:石澤季里)

    《クラスコード 7T2GP 》

    アートからグルメまで、底知れぬ魅力をたたえるパリのスぺシャリストを目指すアトリエです。ジャーナリストとして パリに暮らした経験を持ち、20年来、パリと日本を頻繁に行き来する講師と一緒にパリの歴史的名所から最新スポッ トまで、冒険旅行するように巡りましょう。このアトリエは、観光に役立つフランス語を交えながら進めます。各回15名限定。各回5名以上で開講。聴講はお受けできません。ご登録の締切は、毎回実施日の7日前(水曜日)となります。3回連続でご登録の方には、授業で用いるプティ・セナクル監修のパリガイド小冊子を差し上げます。

    《実施日》
    4月27日(水):パリのカフェ・ソサエティーとアール・デコ散歩
    5月25日(水):ヴィンテージとブロカントで探す古き良きパリ - ドレス、カフェ、マーケットまで
    6月15日(水):2016年のパリ風インテリアの作り方
    《時間》 14h00-16h00   《受講料》¥4,000(1回)

     

    ※詳細はこちら
    http://www.institutfrancais.jp/tokyo/wp-content/blogs.dir/2/files/2014/02/brochureP2016.pdf
    ※お申込み・お問合せ アンスティチュ・フランセ東京 www.institutfrancais.jp/tokyo 

  • アンスティチュ・フランセ東京のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • 大阪・阪急うめだ本店「フランスフェア 2016」で、3/11、石澤季里トークショー開催!

    2016年3月8日

    今年も3/9(水)〜 3/15(火)、大阪の阪急うめだ本店9階催場で「フランスフェア 2016」が開催されます。

    会期中のイベントのひとつとして、3/11(金)に石澤季里のトークショーが開催されます。
    バスクのアンティークはもちろん、美味しいものやお楽しみについてお話します。

    皆様のお越しをお待ちしています。


    「フランスフェア 2016」イベントのページはこちら

  • 阪急うめだ本店(大阪)のページへ
  • その他、石澤季里の講演・プロデュース情報はこちら
  • マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー