• 旅カルチャーコース〜過去に実施された旅

    2010年「貴族のプライベート・シャトーに滞在する、・・・」

    旅カルチャーコースは、旅して学ぶ講座です。 ローズの旅
    2010/9/23(木)〜30(木)

    貴族のプライベート・シャトーに滞在する、フレンチ・ローズをみつける旅 6泊8日

    プレ・クラス:計5回
    主催:プティ・セナクル
    写真は参考イメージです。

    夏の余韻を残すフランスに、ローズ・ガーデンやローズ・モチーフのアンティークを見つける旅に出かけます。圧巻は、ロワールの候爵夫人、マダム・ジジのローズティーパーティに参加すること。また、パリで、オーダーメードの香水を作ってもらうこと。北フランスの伝統工芸、レースのアトリエやクリスチャン・ディオールミュージアムなど、バスツアーだからこそアクセス可能な㊙スポット盛りだくさんの6泊8日の旅です。

    旅の日程

    1日目 9/23
    朝:石澤はAF279で成田発。午後:パリ・シャルル・ドゴール空港着後、バスにてパリへ。ルーヴル・アンティケールのアンティークジュエリー商「ゴルキー」にてローズカットのダイヤモンドを拝見。パリ、オペラ座近くホテル・ブルバンに二泊。
    2日目 9/24
    午前中:午後:パリ近郊で最も定評のあるアンティーク・フェア、シャトゥーの蚤の市、「薔薇」と呼ばれたプリンセス、ジョセフィーヌのマルメゾン城を見学。オプション:オーダーメードの香水店にて香水を注文。メインダイニングがミシュランの三ツ星を持つホテル・ブリストルの「ビストロ214」(昨年末オープン)にてディナー。パリ泊。
    3日目 9/25
    午前中:フリー、各自昼食を済ました後、ヴェルサイユ近郊へ。「ジュイ」のテキスタイルミュージアムを見学し、ロワールまでバスの旅。マダム・ジジの城のあるムーリエルヌ「レ・ゾーベール」で野生の動物を間近に見られる森の夜歩きを楽しんだ後に、スーペを楽しむ。「レ・ゾーベール」に二泊。
    4日目 9/26
    午前中:ドゥエ・ラ・フォンテーヌのバラ園、バラ水のアトリエ訪問。シューズデザイナー、モードさんのマナハウスで昼食。午後:マダム・ジジの薔薇のティーパーティに参加。 
    5日目 9/27
    朝:レ・ゾーベールを出発、一挙ノルマンディーまでバスの旅。途中ブルターニュのフージェールでクレープを食す。美しい庭が有名なグランヴィルの「クリスチャン・ディオールミュージアム」訪問後、夕刻のモン・サンミッシェル訪問。ミシュランノ二つ星を獲得したオリヴィエ・ロランジェの海沿いのレストラン「シャトー・リシュリュー」で紺碧の海を眺めながら海の幸に舌鼓をうつ。コンカルの人気のフランス式B&B「シャンブル・ドート、ラルチチュード」のオーシャンヴューの部屋に宿泊。
    6日目 9/28
    ノルマンディーのバイヨーでポアン・ド・ローズなどの技法が美しいレースのアトリエ、博物館を訪問。また、世界的に有名な11世紀の風俗を描いた「マチルド王妃のタピストリー」を見学。昼食:有名なカーンのトリッパを食す。午後:カーンでアンティークショップ巡り。夜は、セーヌ河沿いのレ・ザンドレイのガストロノミックホテル「ル・シェーン・ドール」でディナー、宿泊。
    7日目 9/29
    カトリーヌ・ド・メデュシスと絶世の美女であり、永遠のライバル、ディアーヌ・ド・ポアチエが晩年を過ごしたアネ城、メリュの「淑女の真珠貝アクセサリー」美術館を訪問後、ショーン・コネリーの映画「薔薇の名前」の舞台になった中世の町、サンリス散策、昼食後、メリュの「淑女の真珠貝アクセサリー」美術館を訪問。シャルル・ド・ゴール空港に18時着。(同行者はAF278で帰国。)
    8日目 9/30
    翌夜:成田空港到着。

     

    プレ・クラス

    Préparatoire classe〜プレ・クラス

    #1 ジュイ工房とフランスの布

    講師:福西弘美

    一世を風靡したヴェルサイユ近郊、ジュイ工房の布。その魅力とそこで生まれた美しい布の数々、また、その使い方について、ベルギー在住のインテリアコーディネーター、福西弘美先生がお話します。

    4/22(木) 19時〜21時
    日時  
    会場 経堂校教室アクセス

    福西弘美(ふくにし ひろみ)

    有限会社メゾン・ダールオーナー。仕事でニューヨーク、パリで暮す間、ごく自然にアートを取り入れている欧米人の生活を刺激を受ける。オークションハウス運営のクリスティーズ・エデュケーションで家具を専門に美術史一般を学ぶ。現在ベルギーに暮し、日本に向けて西洋のインテリア文化を発信している。

    Préparatoire classe〜プレ・クラス

    #2 プリンセスのインテリア、Vol.1皇后ジョセフィーヌのマルメゾン城

    講師:木本玲子

    インテリア史研究家である講師が、歴史のなかのプリンセスの城のインテリアを紐解きます。今回は、旅で訪れる予定のマルメゾン城の家具や調度品など、そのスタイルの由来とそこから派生した後の時代の装飾品を実際に見ながらお話を進めていきます。

    日時 5/11(火) 19時〜21時  
    会場 経堂校教室アクセス

    木本玲子(きもと れいこ)

    明治学院卒業後、ロンドンのインチボード・スクール・オブ・デザインにてインテリア史を学ぶ。帰国後アンティーク家具店に勤務し、主に販売を担当。2000年、成城にアンティーク雑貨店「attic(アティック)」をオープン。買い付け、販売のエキスパート。

    木本玲子
    Préparatoire classe〜プレ・クラス

    #3 ノルマンディー&ブルターニュ、北フランス散歩

    講師:石澤季里

    リンゴとチーズで知られるのどかな牧草地帯が広がるノルマンディー地方、また、いきり立った崖と紺碧の海が広がるブルターニュ地方。レースやジュエリー等の美しい工芸品や独特な文化と歴史を持つ北フランスの魅力をお話します。

    日時 5/20(木) 19時〜21時  
    会場 経堂校教室アクセス

    石澤季里(いしざわきり)

    プロの執筆家としてフランスと日本を行き来しながらアンティーク、装い、食にまつわるフランス文化を雑誌、著書を通して紹介している。フランス在住中に学んだアンティーク鑑定法を教える教室「石澤季里アンティーク・エデュケーション」を2000年に設立。現在は、カルチャーサロン「プティ・セナクル」と改名し、「旅して学ぶフランス貴族の暮らし」を軸に、マナーからヨーロッパの美術様式まで、より広く学べる場を提供している。著書に「パリ 魅惑のアンティーク」(阪急コミュニケーションズ)他。

    石沢季里
    Préparatoire classe〜プレ・クラス

    #4
    パーティの歴史 Vol.15 カトリーヌ・ド・メディティスVSディアーヌ・ド・ポアチエ

    講師:大原千晴

    占星術師ノストラダムスまでを味方につけた陰謀の女王と噂されたカトリーヌ・ド・メディティスの哀しい素顔と、彼女の恋敵で、夫だけでなく義父までもを虜にした絶世の美女、ディアーヌ・ド・ポアチエの生きたフレンチ・ルネッサンス。その時代の贅をこらした食卓とそこで交わされたスパイスの効いた会話の数々をブノワのオリジナル料理とともに楽しむ講座です。

    日時 6/6(日) 10時半〜14時  
    会場 ビストロ「ブノワ」(青山)
    東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 10F
    http://www.benoit-tokyo.com

    大原千晴(おおはら ちはる)

    英国骨董おおはら」店主。西洋アンティーク協会会長。料理研究家の母上がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で英国骨董に開眼し、'91年「英国骨董おおはら」を開業。1年のうち3ヶ月はイギリスを中心に、ヨーロッパの美しい銀器を探す生活を続けている。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)。また、主婦の友社「Bon Chic」、大修館書店「英語教育」等でも連載中。

    大原千晴
    Préparatoire classe〜プレ・クラス

    #5 名作に見るパリ

    講師:西節夫

    王政が復古し、7月革命で再び共和制が敷かれるまでの1830年〜50年までパリを、小説家バルザックらの創造した主人公を通して案内します。社交界の女主人や野心溢れる青年など、階級を意識した典型的な人々と彼らが集った当時のパリを覗く絶好のチャンスです。
    事前に読んでいただきたい本:バルザック「あら皮」「ゴリオ爺さん」フロベール「感情教育」

    日時 7/15(木) 19時〜21時
    会場 経堂校教室アクセス

    西節夫(にし せつお)

    成城大学名誉教授。日本フランス語フランス文学会幹事長、文化省学会共催 仏語教育研修会(於国内)現地責任者、フランス語教育新興協会常務理事兼仏検顧問等を歴任。 石澤季里の恩師でもある。


    オプションクラス

    Optionnelle classe〜オプションクラス

    #6 写真でエステ〜ソワン・デ・フォト

    講師:中川カンゴロー

    一流の女優さんや女性タレントはデビューした時の容姿と数ヶ月後を比べると別人のようにきれいにそして魅力的になっていると思いませんか?それは人に見られてる緊張感、や、「きれい!」と声をかけられる喜び、幸福感が自分への自信となり内面だけでなく、外見的にも魅力的な女性になってゆくからです。実際プロのカメラマンに写真を撮られることによって魅力的な自分を発見し、もっと素敵な女性になって頂く講座です。

    第1回目「きれいになるということ」を、先生が撮影した仕草、ポーズ、笑顔の例を見ながら説明します。

    第2回目「自分の好き」が最も美しいとは限らない!その例を実際に写真撮りしながら皆さんでお話しましょう。

    第3回目「ソワン・デ・フォトの成果で、今のあなたはとってもきれい!」 1回目の写真と比較しながら、その効果を具体的に指摘します。

    日時 各回 14時〜16時
      第1回 7/10(土)
      第2回 8/7(土)
      第3回 9/11(土)
    *実際に一人ずつ撮影&トーク
    *撮影した写真を見ながらみんなでトーク
    持ち物 メモリースティック(USB)
    会場 経堂校教室アクセス
    受講料 12,000円 or チケット3枚 (3コマ)
    講師による撮影データはUSBでお持ち帰りいただけます

    中川カンゴロー(なかがわ かんごろー)

    山本健三氏に師事。東急エージェンシーを経てフリーランスに。1988年、有限会社カンゴロー事務所を設立、主宰。現在、雑誌、PR誌、広告等で「人」と「食」の撮影中心に活動。写真展、共著も多数あり。

    Optionnelle classe〜オプションクラス

    #7 15分で出来る、速攻フォーマルヘアの作り方

    講師:村橋紀有子

    旅先でのフォーマルディナーなどに役立つ速攻ヘアアレンジを教えます。携帯にも便利で、これだけは持っていきたい小物やヘア製品なども合わせてご紹介します。

    日時 9/7(火) 19時〜21時
    会場 経堂校教室アクセス
    受講料 4,000円 or チケット1枚 (1コマ)
    お茶、お菓子付き

    村橋紀有子(むらはし ようこ)

    ヴィザジスト、ヘアースタイリスト 多くの文化人をはじめ洗練された京都の人々の集う老舗美容室「美容室エステインターナショナル」を経営する家に嫁ぎ美容師となる。フランスのヴィザジズム(髪・顔かたちの審美学)をはじめ、彫刻的ヘアカッティング、ファイシャル・エステティックなど、それぞれの美容分野で著名な指導者より技術を学ぶ。 現在は、高輪の住宅街にあるプライベートなヘアー&エステティックサロンにて、お客様それぞれの個性を大切にした美しさをプロデュース。サロンワークの他にも、ブライダルや撮影、アーティストのヘアーメイクなどを行う。

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー