• マダム・ジジからの手紙

    フランス・ロワール地方の古城に暮らす伯爵夫人、マダム・ジジからプティ・セナクルへ届いたメッセージをご紹介しています。

    南仏、ドメンヌ・デュ・ライオルでの展覧会開催

    2012年8月10日

    親愛なるみなさま

    私の個展が南仏で開催されることになりました。

    9月にはドメンヌ・デュ・ライオル:地中海の庭園(ライオル庭園植物園)で絵を描き始めます。

    この庭園内には海を見渡せるギャラリーがあり、それらの作品はそのギャラリーで10月から来年の夏まで展示される予定です。 館長のOlivier Arnaud(オリビエ・アルノー)氏によると、ひとつひとつの作品が完成するたびにそれを展示し、来場者は絵画が発展していく様子を見られるようになるそうです。

    ベルニサージュ(展覧会のオープニングパーティー)は12月8日と9日、週末のイベント「Art du Jardin(アール・デュ・ジャルダン)」 の期間に行われます。そこでは私の創作に関するコンファレンスも予定しています。この秋、創作活動の場であるこのすばらしい庭園にみなさまをご招待したいとおもいます。

    また、ワインの樹をモチーフとした絵画の制作も進めています。

     

    gigi

    マダム・ジジ プロフィール

    GIANNE DE GENEVRAYE (ジャンヌ・ド・ジュヌブライ)

    狩猟で有名な、ロワール地方、ソーミュールにほど近い「レ・ゾーベール」の森を所有する貴族、ド・ジュヌブライ伯爵夫人として消えつつある18世紀貴族の暮らしを今に残す生活を続けると同時に、アーティスト名、ハーパーでプロの画家としての制作も続けている。アメリカ、ヨーロッパ各地から個展を開催する傍ら、「SUNDAY」等のアートブックを出版。1990年、アメリカン・アカデミー・オブ・ローマ招聘アーティスト。

    また、アメリカ独立戦争に関わった家族の末裔が中心になる活動「DAR」やロワール地方で毎夏開催されるイベント、オペラ・ボウジェ、等、音楽家や芸術家のパトロナージュを募る各種団体でメセナ活動を行っている。

    マダム・ジジのウェブサイト

     


    『マダム・ジジに教わる〜フレンチ・マナーなおもてなし』
    「Bon Chic vol.2 (別冊PLUS 1 LIVING・主婦の友社)  2010年3月」


    『フランス的美生活』
    「グレース(世界文化社)2007年10月号」


    バックナンバー

    バックナンバー

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー