• マダム・ジジからの手紙

    フランス・ロワール地方の古城に暮らす伯爵夫人、マダム・ジジからプティ・セナクルへ届いたメッセージをご紹介しています。

    初めての日本〜タウン&カントリー・その1
    2010年5月7日

    春のはじめ、母のジーンと夫のパトリック、それから義娘のキャロリーヌと日本への素晴らしい旅にでました。エアー・フランスのパイロットのキャロリーヌは、いつも旅をしていて、そんなわけでそのローテーションの一環で来日経験がありますが、彼女以外はみんな初めての日本です。 まず何よりも最初に印象を受けたのは、日本のモダニズムと伝統のミクスチャー感覚です。

    わたしたちは、まず、ジャパン・レールパスシンカンセンを使って京都を訪れました。
    最初の大きな驚きは、京都の旅館です。
    http://www.kanamean.co.jp/

    昔のままに完璧に残された日本家屋で、わたしたちは禅ガーデンのある同じ部屋で共に眠りました。 ミステリアスフードの夕食は、わたしたりちだけの離れのダイニングルームでとりました。 美しい形で、食べるには装飾的すぎます! すべての味は新しく、美味しく、これまでで最もガストロノミックな旅といってもよいでしょう。
    ヨーロッパの料理がどれだけクリームやバターでヘビーか、また、料理は軽く、わたしはいつもお腹が減っているような感覚さえ受けました。

    最愛の友人、キリが私たちのために、古い酒蔵のプライベート・ツアーをオルガナイズしてくれました。 わたしたちはどうやって酒が作られるかを見た後、もちろん最後にテイスティングを楽しみました。 発泡酒を含む15種の酒がカウンターに並びました。わたしたちは、発泡酒というものが存在することを初めて知りました。
    www.tsukinokatsura.co.jp

    その後、18世紀のゲイシャハウス&レストラン「スミヤ」を訪れました。
    そこには、当時のままの壁と天井、それから、もちろん禅ガーデンが残っています。桜の花が本当に美しかったです!!
    夜のレストランでは、フランス人による、京都の素材を調理したフランス料理が私たちの前に並びました。今までで初めての美味しいフランス料理でした。 有名な金閣寺も訪れ、そこでは石と植物がヴィジュアル的にパーフェクトに並ぶ穏やかなガーデンによって支配されていたのが印象的でした。

    gigi

    マダム・ジジ プロフィール

    GIANNE DE GENEVRAYE (ジャンヌ・ド・ジュヌブライ)

    狩猟で有名な、ロワール地方、ソーミュールにほど近い「レ・ゾーベール」の森を所有する貴族、ド・ジュヌブライ伯爵夫人として消えつつある18世紀貴族の暮らしを今に残す生活を続けると同時に、アーティスト名、ハーパーでプロの画家としての制作も続けている。アメリカ、ヨーロッパ各地から個展を開催する傍ら、「SUNDAY」等のアートブックを出版。1990年、アメリカン・アカデミー・オブ・ローマ招聘アーティスト。

    また、アメリカ独立戦争に関わった家族の末裔が中心になる活動「DAR」やロワール地方で毎夏開催されるイベント、オペラ・ボウジェ、等、音楽家や芸術家のパトロナージュを募る各種団体でメセナ活動を行っている。

    マダム・ジジのウェブサイト

     


    『マダム・ジジに教わる〜フレンチ・マナーなおもてなし』
    「Bon Chic vol.2 (別冊PLUS 1 LIVING・主婦の友社)  2010年3月」


    『フランス的美生活』
    「グレース(世界文化社)2007年10月号」


    バックナンバー

    バックナンバー

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー